【事業名称】平成28年度|兵庫県/川西市
地方公共団体と連携したCO2排出削減促進事業

国民運動「COOL CHOICE」(賢い選択)を踏まえた事業の取組


自治体の紹介

川西市は人口159,883人(平成28年3月末現在)、世帯数69,077世帯(平成28年3月末現在)、面積53.44平方キロメートルです。
地域特性としては、恵まれた公共交通網を生かし、昭和40年代に川西方式(全国初の「住宅地造成事業に関する指導要綱」)により民間事業者による戸建専用ニュータウンが各地域に開発され、大阪のベットタウンとして人口が急増しました。

川西市の中心市街地の上空

川西市ホームページ
http://www.city.kawanishi.hyogo.jp/


事業の概要

普及啓発活動を行うにあたり、公共交通機関の利用促進、クールビズ、ウォームビズ、スマートムーブ活動に特化した取組を、学識者・公共交通事業者・県そして地域住民と協働して行った。
また、次世代を担う子ども達に、国民運動のCOOL CHOICE活動の具体例を紹介して、環境学習及び公共交通まちづくりを学ぶ為、学識者・県・公共交通事業者と協働してモビリティ・マネジメント教育の中にCOOL CHOICEの内容を取り入れ実施した。

・統一ポスターの掲示を行った。(電車・バスの車内、駅構内、小・中学校、商業施設等)
・市内全16小学校において、実施学年の内容に合わせて社会科の授業の中で、出前授業を行った。
・地域のイベント等、人が集まる所に出向いて、普及啓発活動を行った。
・地域において学識者による講演会、勉強会等を行った。

大学教授による教員研修会と授業風景1

大学教授による教員研修会と授業風景2

公共交通事業者による出前授業1

公共交通事業者による出前授業2


総事業費
5,888,220 円
補助金額
5,000,000 円

事業実施にあたって工夫した点

普及啓発活動を行うにあたり、統一ポスターとチラシを作成し、公共交通事業者等と協働して市内の電車・バス及び駅構内等にポスターを掲示して市内外に対しても広く周知を図った。
また、小学校の社会科の授業で、国民運動であるCOOL CHOICEについて勉強するにあたり、大学教授による夏期教員研修会の実施を行った。
そして、教育委員会と学校教育現場に対しては、時間をかけてコミュニケーションを図り、きめ細かな説明に心がけた結果、市内全16小学校でCOOL CHOICE教育が実施出来た。

担当窓口

都道府県
兵庫県
地方公共団体名
川西市
部・課・担当係
都市政策部 都市政策室