【事業名称】平成28年度|高知県/高知市
地方公共団体と連携したCO2排出削減促進事業

国民運動「COOL CHOICE」(賢い選択)を踏まえた事業の取組


自治体の紹介

高知市は、高知県中央部に位置する中核都市で、北に四国山地、南に黒潮の暖流が巡る南国的な明るい都市です。
人口は337,190人(2015年国勢調査確定値)で、県全体の約46%を占めています。 県庁所在地として、行政機関や商業施設等が集中しており、第3次産業に特化した産業構造が特徴的です。
日本有数の日照率を誇り年間雨量も多く、夏から秋にかけて台風が襲来します。
市内中心部を清流鏡川が流れ、都市部には高度な都市機能が集約する一方、みどり豊かな中山間地域・田園地域もあり、これらがバランス良く調和したまちづくりを目指しています。

高知市 桂浜の坂本龍馬像

高知市ホームページ
http://www.city.kochi.kochi.jp/


事業の概要

高知市では、国民運動「COOL CHOICE」に賛同し、これまで行ってきた「環境維新・高知市-土佐から始まる環境民権運動」の取組を継続しながら、 さらに自発的、持続的な広がりを持ち、無理なくエコな生活スタイルに転換していくため、平成28年7月21日に『始めよう!KOCHIだからできる、COOLな暮らし宣言』を行いました。 エコの視点から高知ならではの資源に注目し、「食」「お買い物」「住まい」「明かり」「お出かけ」「健康」の6つの小テーマを設定し、子どもたちを中心とした体験・参加型の ワークショップや講座を連動させて実施。単発のイベントにとどまらず、参加者の拡大と繋がりとなるよう参加者から集めたコツコツ(CO2CO2)削減の取組宣言のリーフ(葉っぱ)カードを集めた「エコの木」を各イベントでリレーしました。
各イベントを通して小さな選択がエコに繋がる「暮らしの楽しみ方」について考え学ぶ場とし、幅広い「COOL CHOICE」の啓発を行いました。
また、各イベント会場等では「COOL CHOICE」のチラシ・賛同用紙を配布し積極的に賛同者を募るとともに、マスコミへの取材依頼、スタッフジャンパー、のぼり旗の作成、路面電車への広告掲載などにより「COOL CHOICE」の積極的な情報発信に努めました。

エコの木おひろめ祭り

マイバッグキャンペーン

日曜市スタンプラリー


総事業費
4,090,413 円
補助金額
4,090,000 円

事業実施にあたって工夫した点

各事業をリレーイベントで実施することにより、それぞれのイベントが一連のイベントであることを周知し、通年で取り組むことを効果的にPRしました。
10月から1月まで実施した「食」「お買い物」「住まい」「明かり」「お出かけ」「健康」に関連する8つのイベントで参加者が宣言したエコな取組を「エコの木」に飾り付けて 次のイベントへリレーして周知するとともに、その集大成として2月の「エコの木おひろめ祭り」で8つのイベントの内容と参加者が考えたエコな取組を紹介し、行動変容に繋げるツールとして活用しました。
各イベントでは、子どもたちを主体として地域へ展開することとし、学校や地域、事業者、地元の大学生の協力も得ながら、高知の資源を生かしたイベントとなるように心掛けました。
また、地元新聞社やテレビ局など、マスコミともタイアップし「COOL CHOICE」の広報に努め、特にテレビ高知の番組『がんばれ高知!! eco応援団』では、各事業を環境の視点から特集を組んで大きく取り上げて放映していただいたため、広く市民(県民)に広報することができました。

担当窓口

都道府県
高知県
地方公共団体名
高知市
部・課・担当係
環境部 新エネルギー推進課