【事業名称】平成28年度|秋田県/秋田市
あきエコどんどんプロジェクト事業

国民運動「COOL CHOICE」(賢い選択)を踏まえた事業の取組


自治体の紹介

秋田市は、県内人口の約30%が集中する中核市でありながら、海・山・川の豊かな自然を有しています。
また、400年前からの城下町であり、北前船の寄港地としても栄え、現在も歴史、文化、自然が残る土地です。
東には、当市の最高峰・1,170mの太平山、西には日本海が広がり、冬の季節風の影響を受ける典型的な日本海側気候です。
2016年の気象庁データによると、年間平均気温は12.5℃、日照時間は1673.5h、積雪量は242cm、平均風速は4.1m/sとなっており、 積雪があり、日照時間が少ない一方、平均風速は東京23区の2.8m/sよりかなり高く、風況が良いことが特徴です。

秋田市 秋田竿燈まつり

秋田市ホームページ
http://www.city.akita.akita.jp/


事業の概要

秋田市では、公式ホームページで、市長が「COOL CHOICEに賛同し、推進する」ことを平成28年7月6日に宣言しました。
市域の二酸化炭素排出量は、平成21年度以降増加しており、民生家庭部門についても増加傾向にあります。このことから、市民が気軽に楽しみながら環境配慮行動に取り組むシステムを運用することで、民生家庭部門の二酸化炭素排出量の削減を図ることを目的としました。
本システムは、普及が進むスマートフォンのアプリを利用して、公共施設でのウォームシェア、スーパー等でレジ袋辞退などの環境に配慮した行動に対して、ポイント を付与し、累積ポイントに応じて抽選を行って、景品と交換できるシステムであり、環境イベントの周知、COOL CHOICEへの賛同登録等がアプリ内で可能としました。 対象は、全市民を対象としており、平成28年10月1日から29年2月12日まで行い、672人の参加があり、COOL CHOICEへの賛同登録は326名でした。 COOL CHOICEのコンセプトに基づく様々なアクションの実践に対し、ポイント付与対象としており、日本の約束草案達成に向けて推進する省エネ対策等を盛り込んだ形となりました。

事業実施写真1(秋田市)

事業実施写真2(秋田市)

事業実施写真3(秋田市)

事業実施写真4(秋田市)


総事業費
9,288,000 円
補助金額
9,288,000 円

事業実施にあたって工夫した点

・COOL CHOICEへの賛同登録をアプリ内で可能としました。
・取り組んだ環境配慮行動に対し、二酸化炭素削減量の見える化を行いました。

担当窓口

都道府県
秋田県
地方公共団体名
秋田市
部・課・担当係
環境部 環境総務課