【事業名称】平成28年度|石川県/白山市
白山市におけるウォームビズ啓発及び木質バイオマス機器の普及啓発

国民運動「COOL CHOICE」(賢い選択)を踏まえた事業の取組


自治体の紹介

白山市は、平成17年2月1日、1市2町5村(松任市、美川町、鶴来町、河内村、吉野谷村、鳥越村、尾口村、白峰村)の合併により誕生し、総面積754.93km2で、石川県全域の18%を占めています。(県内最大の広さ)
平成28年12月末現在で、人口113,018人、世帯数は42,473世帯。
豊かな自然環境を有し、白山ユネスコエコパーク、白山手取川ジオパークにも認定され、水力、風力、地熱、木質バイオマスなどの自然エネルギーの普及が期待できる地域です。

白山の雪景色

白山市ホームページ
http://www.city.hakusan.ishikawa.jp/


事業の概要

1)イベントへの出展
白山市民が多く参加するイベントへ参加して、ウォームビズを取り入れた生活の工夫の紹介リーフレットや、チラシを配布し、また木質バイオマス機器(薪ストーブ・木質ペレットストーブ)を展示して普及啓発を行いました。
ウォームビズを生活に取り入れることや、二酸化炭素排出抑制を実現する木質バイオマス機器の選択が、「COOL CHOICE」(賢い選択)となることを啓発しました。

2)地域における勉強会、講演会の開催
市内8地区の公民館等や交流センターにおいて、市民向けの勉強会・講演会を開催しました。
ウォームビズの取り組みや、木質バイオマス機器を使用したライフスタイルが「COOL CHOICE」(賢い選択)となり、また、地域の未利用間伐材や近隣で製造された薪、木質ペレット燃料を利用することが、エネルギーの地産地消につながることを啓発しました。

3)広報ツールによる普及啓発
ポスター、ちらし、のぼり、リーフレットを作成し、白山市役所、市の関連施設、イベント会場等において、ウォームビス啓発や木質バイオマス機器紹介等の普及啓発を行いました。

4) メディアの活用
NHK、北國・中日新聞へ取材依頼を行ったほか、市広報やホームページにも掲載しました。

雪だるままつり会場にて啓発活動を実施1

雪だるままつり会場にて啓発活動を実施2

雪だるままつり会場にて啓発活動を実施3


総事業費
2,405,976 円
補助金額
2,405,000 円

事業実施にあたって工夫した点

・勉強会やイベント会場で、チラシやリーフレットを、一人ひとりに手渡ししながら、ウォームビス啓発を行いました。
・イベント会場では、寒い屋外で、実際に火が着いている木質バイオマス機器を見てもらうことで、効果的な啓発活動を行いました。

担当窓口

都道府県
石川県
地方公共団体名
白山市
部・課・担当係
市民生活部環境課