【事業名称】平成28年度|兵庫県/宝塚市
COOL CHOICE運動 講演会(連続セミナー)

国民運動「COOL CHOICE」(賢い選択)を踏まえた事業の取組


自治体の紹介

宝塚市は、兵庫県南東部に位置し、武庫川をはさんで宝塚村と良元村が合併し、昭和29年に宝塚市が誕生、さらに、翌年に隣接する長尾村と西谷村が合併し、現在の市域がほぼ確定しました。
その当時、約4万人だった人口は高度経済成長期での急増期もあり、現在、22万人を超え、大阪、神戸のベッドタウンとして発展してきています。

宝塚市 宝塚大劇場をのぞむ風景

宝塚市ホームページ
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/


事業の概要

宝塚市は、宝塚歌劇や温泉のまちなど観光都市の面もありますが、昨今、ベッドタウンとしての特徴が表れており、市域内から排出される温室効果ガスは、民生家庭部門が約4割を占めています。
大きな生産業がない反面、各家庭、業務用ビルからの排出が増加してきており、できるだけ多くの皆様と地球温暖化対策の必要性を共有し、実践に移行していただくことが課題として認識していました。
当該事業では、宝塚商工会議所と共催で行うことで、事業所からの参加者を含むできるだけ多くの参加者を呼び込み、クールチョイスの啓発を行いました。
4回シリーズで実施するうち、テーマや内容から、レベルや思慮を回を重ねるごとに高く、深く持っていただけるような講師にそれぞれ依頼し、講演会・セミナー形式でそれぞれ実施しました。

2050年の天気予報~身近な天気と地球温暖化~
講師:井田寛子さん(気象予報士/気象キャスター)

宝塚での地域経済の活性化を省エネと再エネで実現!~ドイツのエネルギーシフトを参考にして~
講師:村上敦さん(環境ジャーナリスト)

次世代へつなぐ“賢い選択”省エネ・再エネの選択を改めて考える!
講師:田中信一郎さん(公益財団法人自然エネルギー財団特任研究員)、吉岡剛さん(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)研究員)


総事業費
1,877,103 円
補助金額
1,370,000 円

事業実施にあたって工夫した点

できるだけ多くの参加者を呼び込むため、市の様々な媒体、宝塚商工会議所の媒体、地域情報誌などをそれぞれ活用し、地球温暖化対策、クールチョイス(賢い選択)の啓発を行いました。
啓発用チラシ作成や地域情報誌掲載などに当該補助金を有効に活用しました。

担当窓口

都道府県
兵庫県
地方公共団体名
宝塚市
部・課・担当係
環境部 地域エネルギー課