【事業名称】平成28年度|静岡県/浜松市
事業者向けエコドライブ推進事業

国民運動「COOL CHOICE」(賢い選択)を踏まえた事業の取組


自治体の紹介

浜松市は、人口80万人を擁し、面積1,588平方キロメートルの広大な市域には、先端技術産業などが集積する都市部、農業が盛んな平野部、水産資源に恵まれた沿岸部、そして広大な森林を擁する中山間地域と多様性を有する国土縮図型の都市です。昔から盛んな繊維、楽器、輸送用機器などの地場産業においては、高度な産業技術を背景に「ものづくりの町」として発展してきました。
温暖な気候に恵まれ、豊かな自然環境が多く残され、ミカンやお茶などの農産物、ウナギやアサリ、ノリなどの水産物さらに天竜美林に代表される良質な木材といった様々な特産物に恵まれています。

浜松市西区(浜名湖)

浜松市ホームページ
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/


事業の概要

浜松市は、全国に比べ運輸部門からの二酸化炭素排出量が多いことが特徴であるため、事業者向けに実車を用いたエコドライブ講習会を開催し、事業所をあげてエコドライブに取り組んでもらうことで、二酸化炭素排出量削減、燃料費削減を図りました。
市内に事業所をもつ事業者60者を募集し、各事業所1名がエコドライブ推進リーダーとなり、講習会へ参加しました。講習会受講後、エコドライブの手法を社内で共有し、事業所全体でエコドライブに取り組みました。

また、エコドライブの進捗状況や成果を把握するため、燃費管理システムを構築し、燃費管理を行いました。このシステムでは、給油量、走行距離(オドメーター)を入力すると、燃費が計算・表示されます。
参加事業所間の取組を促進するため、ランキング機能を取り入れました。
今回の事業を通して、3,710kgの二酸化炭素排出削減効果がありました。エコドライブを継続して実践していただくため、今回取り組んだ事業所を「浜松市エコドライブ実践事業所」として認定し、引き続き実践した事業所を「浜松市エコドライブ優良事業所」として認定する予定です。

さらに、地元の新聞社が発行する生活情報紙に地域の人が実践するクールチョイスな取組をCOOL CHOICE啓発記事として掲載し、市民への更なる普及を図りました。

なお、平成28年6月10日、浜松市長が「COOL CHOICE宣言」を行いました。

啓発写真

事業所用ステッカー


総事業費
8,551,440 円
補助金額
8,551,000 円

事業実施にあたって工夫した点

エコドライブ推進事業に参加する事業所を募集する際に、テレビCMやラジオCM を用いることで、COOL CHOICEについて広く市民へ普及啓発を行いました。今回、新たに浜松市エコドライブ認定制度を設け、事業成果(CO2削減)を今後も継続していく仕組みを取り入れました。

担当窓口

都道府県
静岡県
地方公共団体名
浜松市
部・課・担当係
環境部 環境政策課