【事業名称】平成28年度|静岡県/富士市
地方公共団体と連携したCO2排出削減促進事業

国民運動「COOL CHOICE」(賢い選択)を踏まえた事業の取組


自治体の紹介

富士市は、静岡県の東部に位置し、北に秀麗富士を仰ぎ、南は駿河湾に面しており、東は愛鷹連山や浮島ヶ原に囲まれ、西部を富士川が流れています。面積は245.02㎢で、静岡県の面積の3.1%を占め、県内で7番目の面積を持つ自治体となっています。大都市圏からは、東京から146km、名古屋から220km、大阪から410kmの距離にあります。市の大半の地域が温暖湿潤な海洋性気候のため、夏は雨が多く、冬には晴天が続く傾向にあります。人口 255,690人(平成29年2月1日現在)。人口は一貫して増加していましたが、平成21年12月の261,690人をピークとして減少傾向にあります。

富士市

富士市ホームページ
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/


事業の概要

【概要】
・COOL CHOICE運動を市民に広く知らしめるため、2ヵ年で実施することを計画しています。具体的には、富士市民が取り組むローカルCOOL CHOICEを啓発するため、本補助金を活用し、1年間かけて募集し、有識者などを交え、22種類を選定します。これにより、行政からの押し付けではなく、地域一体のCOOL CHOICEとなることを期待しています。なお、22はふじ(富士)の語呂合わせです。
・県内最大級の富士市環境フェア(来場者5千~1万人)を基点とし、平成28年度CC22募集のキックオフイベントを開催しました。平成29年度はCC22のお披露目を予定しています。
・広く市民にCOOL CHOICEを知らしめるため、地元に特化したCOOL CHOICEを募集するための動画を作成しました。今後、協力企業や学校などに配布します。
・市内の小学校において、「地球温暖化防止」に関する環境教育授業を実施し、子どもたちが身近にできる温暖防止の取組(COOL CHOICE)を啓発しました。
・市内イベントにブース出展をし、“富士山(3776)と富士市(224)で、C(4)O2(00)ゼロ(0)”を目標に、個人、法人・団体から賛同を集め、COOL CHOICEの啓発を行いました。

賛同目標数: 4,000
(内訳)
個人     3,776人(富士山の標高 3,776m)
法人・団体    224社(富士市)

20161022富士山紙フェアイベント出展

20161105商工フェアイベント出展

20161203富士市環境フェア 左からCC22実行委員会猿田会長・富士市長・静岡県温暖化防止活動推進センター服部氏


総事業費
9,840,049 円
補助金額
9,840,000 円

事業実施にあたって工夫した点

・SNSを活用し、COOL CHOICEの賛同、クールチョイス22(ふじ)のアイデア募集を行いました。
・啓発動画を作成し、市民・法人・団体に広く啓発を行いました。(動画は市公式YouTubeにアップロード済み)

担当窓口

都道府県
静岡県
地方公共団体名
富士市
部・課・担当係
環境部環境総務課