【事業名称】平成29年度|埼玉県/秩父市
秩父市COOL CHOICE活動推進事業

国民運動「COOL CHOICE」(賢い選択)を踏まえた事業の取組


自治体の紹介

 秩父市は、埼玉県の北西部にあり、都心まで60~80㎞圏に位置し、周囲に山岳丘陵を眺める盆地を形成しています。
 市域の87%は森林で、その面積は埼玉県の森林の40%を占め、ほとんどが自然公園の区域に指定されている自然環境に恵まれた地域です。
 山々や清流・花・紅葉などの豊かな自然、神社や札所巡礼などの文化遺産、ユネスコ無形文化遺産に登録された秩父夜祭をはじめとした数多くの祭り、アニメの舞台として取り上げられたことによるアニメツーリズムなど、観光資源に恵まれ、年間を通じて多くの観光客が訪れます。
人口 63,720人(平成30年1月1日現在)
面積 577.83㎢

秩父夜祭

秩父市ホームページ
http://www.city.chichibu.lg.jp/


事業の概要

 平成29年4月、秩父市はさらなる地球温暖化防止と「豊かなまち、環境文化都市ちちぶ」の実現を目指して、COOL CHOICEに賛同することを宣言しました。
 本事業では、平成30年1月に環境省・企業・環境団体・高校等と連携し、COOL CHOICEの普及啓発イベントを開催したほか、年間を通じて市の広報誌・ホームページなどで啓発記事の連載、環境団体が主催するイベント等で啓発活動を実施するなど、COOL CHOICEの普及啓発に取り組みました。
 平成30年1月に開催したイベント「それいけ!クールチョイス大作戦 ~ちきゅうをすくうのは きみたちだ~」では、そのメインターゲットを小学生以下のこどもたちとし、サイエンスショー・クイズ大会等のステージイベントや、環境省・企業・環境団体・地元高校によるブース・ワークショップにより、こどもたちにわかりやすく地球温暖化の仕組みを認知させ、日々の生活の中で簡単かつ楽しく取り組むことのできるCOOL CHOICEの普及啓発を図りました。また、エコカーや省エネ住宅をテーマとしたブースも設置し、こどもと一緒に来場した保護者向けにエコカー・省エネ住宅の普及促進の啓発を図りました。

環境団体主催イベントで配布したCOOL CHOICE PRチラシ

COOL CHOICE啓発イベント

COOL CHOICE啓発イベント

COOL CHOICE啓発イベント ワークショップ「風力で光るイルミネーション雪だるまをつくろう!」(協力:埼玉県立秩父農工科学高等学校 電気システム科)


総事業費
4,594,468 円
補助金額
4,594,000 円

事業実施にあたって工夫した点

 年間を通じて行った市広報誌やチラシによる啓発活動は、世代を問わず、日々の生活に関連付けて、COOL CHOICEの必要性や有効性を実感できる内容とすることに留意しました。
 イベントにおいては、その主対象を小学生以下のこどもたちとし、地球の未来を担うこどもたちに「地球温暖化がどうして起こるのか」「地球温暖化によりどのような問題が引き起こされるのか」をわかりやすく伝え、「地球温暖化防止のための行動は決して難しいものではなく、生活の中のいろいろな場面ですぐに実践できる」と感じてもらえるよう心がけました。

担当窓口

都道府県
埼玉県
地方公共団体名
秩父市
部・課・担当係
環境部環境立市推進課