【事業名称】平成29年度|長野県/白馬村
COOL CHOICE 白馬EVラリー&エコカー試乗セミナー

国民運動「COOL CHOICE」(賢い選択)を踏まえた事業の取組


自治体の紹介

 白馬村(はくばむら)は、長野県北西部に位置し、3,000m級の北アルプスの壮大な山岳景観と、その麓に広がる田園風景が美しい人口約9,000人の村です。1998年に開催された長野オリンピックの競技会場であり、国内最大級のスキー場と豊富で良質なパウダースノーを目当てに国内外から多くの観光客が訪れます。
 また、登山や自転車など四季を通して様々なアクテビティを楽しむことができるため、グリーンシーズンの観光客も増加傾向にあります。国内外からの移住者も多く、多様性を活かしたまちづくりに取り組んでいます。

白馬村

白馬村ホームページ
http://www.vill.hakuba.lg.jp/


事業の概要

 本事業は、
①白馬EVラリー(毎年開催、補助対象経費には含めません)
②EV&PHEV試乗会
③EV&PHEVフォーラム
④ドライブ&ステイキャンペーン
⑤COOL CHOICE宣言キャンペーン
を実施し、それぞれの事業が互いに補完・強化する構造で実施しました。
 試乗会では、最新のEV&PHEV、FCVを12種用意し、白馬村の自然を感じられるコースを試乗。試乗にはインストラクターによるエコドライブの教習・実演も含めた内容で、2日間で述べ348組が試乗しました。
 EV&PHEVフォーラムでは『白馬村をゼロエミッション観光村にしよう』と題し、エコカー(EV・PHEV)の入門講座に加え、地元EVクラブ、村内観光業者、白馬村観光局が参加したパネルディスカッションや、村長による改めてのCOOL CHOICE宣言が行われました。
 ドライブ&ステイキャンペーンは、EV・PHEVで白馬村に訪れたユーザーに対し特典を設けるキャンペーンを実施、特典やステッカーは補助対象外の予算で執行。村内の21施設が賛同し、EV・PHEVでの来客促進を図りました。キャンペーンの特設サイトを設け、COOL CHOICE宣言を促す取り組みも実施しました。
 その他、白馬村広報でのCOOL CHOICE関連の環境啓発に加え、啓発チラシの全戸配布や施設設置、村民運動会や文化祭でエコカー等の展示など、様々な啓発活動を実施しました。

EV&PHEV試乗会フォーラム

EV&PHEV試乗会

ドライブ&ステイ賛同ステッカー


総事業費
5,014,980 円
補助金額
5,000,000 円

事業実施にあたって工夫した点

 白馬村では、毎年EVラリーの開催地として選んでいただいており、今回の事業は、EVラリーと同時開催にすることによって、知名度の高さを活用することに加え、もともと環境問題に意識の高い参加者に対し、COOL CHOICE運動の周知を行うことができます。事業の実施にあたっては、EVラリーの主催及び村内のEVクラブに多大なご協力をいただきました。

担当窓口

都道府県
長野県
地方公共団体名
白馬村
部・課・担当係
総務課